女の人

葬儀には膨大な費用がかかる|低価格で進める極意

小規模な葬儀

線香

参列者は限定される

家族葬は、簡単に言えば小規模な葬儀です。そして、参列者はある程度限定されます。かつては、故人の子供や孫だけの身内だけでシンプルに故人を送るのが基本でした。人数は10人に満たないこともあります。しかし、今では故人の友人を何人か呼ぶことが普通になってきました。なので、30人を超える場合もあります。30人と言えど、従来の葬儀に比べれば格段に小規模です。家族葬をする場合、無宗教葬にする必要があると思っている人が結構います。もちろん、無宗教葬で行ってもOKです。しかし、伝統的な仏式で行っても問題ありません。家族葬でも僧侶を招き、読経してもらうことは珍しくないです。仏式葬儀ですから、当然焼香も行います。宗教的な儀式を取り入れることで、きちんと故人が送れたと満足する人は多いです。ちなみに、自分の葬儀を家族葬にしてもらいたい場合は、生前からしっかり準備をしておくことが大切になります。エンディングノートや文書に書くなどして、家族くに自分の意思が明確に伝わるようにしておきましょう。最近は、生前予約をする人も増えてきました。生前の時間があるうちに、葬儀社をいくつか周ってみましょう。こう言うことをやっておけば、家族葬を反対する親族が出てきても心配ないです。また、最近は家族葬に力を入れる葬儀社も多くなってきました。実績があるところに依頼した方がスムーズに進むでしょう。葬儀社選びは手を抜かないことが重要です。